みかんで自家製育毛剤を作り使用

薄毛を予防して、生え際や頭頂部の抜け毛対策!

薄毛の予防は生え際や頭頂部の抜け毛が気になる中高年になってから始めるのではなく、若いうちから始めておくことが大切です!薄毛の原因をしっかり突き止めて対策することで丈夫な髪の毛を手に入れましょう!

諦めずに予防する

読了までの目安時間:約 2分

 


髪をふく男性

私は30歳を過ぎた頃から髪の毛が少なくなってきたので、育毛剤を使用して薄毛予防を始めました。色んな種類のものを使いました。

安価なものから、一本1万円近くするようなものまで使用しましたが、あまり効果は感じられませんでした。しかもお金がとてもかかりますので、辞めてしまいました。

そんな時にテレビでみかんを使った育毛剤の作り方が紹介されていたのです。早速食いつきました。使うのは、みかんの皮と焼酎だけなのです。

みかんの皮には、育毛に効果がある成分が含まれているのです。作り方としては、みかんの皮のヘタの部分を取り除き、一週間ほど乾燥させます。

そうしたら、みかんの皮を焼酎の中につけます。そしてまた一週間ほど漬けます。そうすると、焼酎の中にみかんの皮の中の育毛成分が溶け出して、自家製の育毛剤が出来上がるのです。

これは自然のものしか使っていませんし、安全だなと感じました。価格も安く済みますし、とても魅力を感じました。実際にそれを使用しました。

頭に付けてマッサージしていきます。それを3か月くらい続けていたところ、全体的に産毛が生えてきて、かなり復活してきました。とても嬉しかった思い出があります。

今でも持ちこたえていて、フサフサ状態を保っています。みかん酒はオススメできます。注意点としては、へたの部分は必ず取り除きましょう。

 

この記事に関連する記事一覧